• 政治

連合 「都民ファーストの会」候補の推薦決定

東京都議会議員選挙に向けて、民進党の支持組織である連合東京が、小池知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」と政策合意を結び、一部の候補者を推薦することを決めたと発表しました。

連合東京の岡田会長は7日の会見で「民進党の離党者が相次いでいる状況。基本的には合意書に基づいて、地域や産業別組織が引き続き支援していきたいという人たちにはそのまま推薦を継続していくことを確認した」と述べました。

連合東京が推薦するのは、民進党に離党届を出して都民ファーストの会の公認を受けて出馬する候補者です。既に推薦を決めていた候補者の離党が相次いだことを受けて、離党後も引き続き支援すべきだと判断したということです。

連合東京は民進党の公認候補を優先的に支援することにしていますが、民進党の候補者がいない選挙区では都民ファーストの会の候補者を支援することも検討しているということです。

民進党は都議選の公認候補や現職の都議会議員の離党が相次いでいて、そのうちの4人が既に都民ファーストの会の公認候補になっています。

◇ ◇ ◇

民進党の支持団体である連合東京が、都民ファーストの会との連携を正式に発表しました。7月に行われる都議会議員選挙に向け、各党の思惑はさまざまです。

政治教育センターの代表理事で地方自治に詳しい高橋亮平さんの解説です。

ニュース