• 試乗

発売日にスバル 新型XVがガシャーン!日本一安全かどうか試してみた

スバル 新型XVの発売日にあたる2017年5月24日、群馬県太田市にあるスバル群馬製作所 本工場で、XVの安全性を確認すべく、衝突実験が行われた。

今回行われた実験は40%のオフセット、時速64キロで衝突させるというものだ。

衝突の瞬間に運転席・助手席のエアバッグが開くとともに、運転席側のカーテンエアバッグや膝を保護するニーエアバッグが展開。車両前面はつぶれているもののフロントガラスは無傷で、車内がしっかり守られている。

また、歩行者保護エアバッグの実験では、歩行者の頭部への衝撃を緩和するため、ボディの硬いパーツを覆うように瞬時にエアバッグが展開する。
加えて、歩行者ではないショッピングカートに衝突すると歩行者保護エアバッグは開かず、ぶつかったものの形状を判断していることがわかる。

関連記事:
スバル 新型インプレッサと新型XVが日本車で一番安全なクルマに! クラウンが持つ安全性能最高得点を3年ぶりに更新

自動車