• 国際

「両親の墓参りしたい」 北朝鮮残留邦人が会見

北朝鮮からの情報によると、戦後の混乱で北朝鮮にとどまった残留日本人の荒井琉璃子(北朝鮮名・李ユグム)さん(84)が19日、東部咸興で記者会見した。日本を訪れて生き別れた両親の墓参りをしたいとの意向を明らかにし、「北朝鮮と日本が近しい国になることを願う」と述べた。

ニュース