• 映画

幸福だった、その<罪>に気づくまでは/映画『光をくれた人』TVスポット

『ブルー・バレンタイン』デレク・シアンフランス監督×『スティーブ・ジョブズ』マイケル・ファスベンダー×『リリーのすべて』アリシア・ヴィキャンデル、最高のコラボレーションで贈る愛の物語。奪われる者の悲しみ、奪う者の苦しみ、家族を守る者の覚悟…”愛する”ことが過ちにつながる葛藤は観るものすべての胸を締め付ける。この映画の撮影中に恋に落ちたファスベンダーとヴィキャンデルの、まさに 演技を越えた演技は必見。また、実の母親ハナには、『ナイロビの蜂』でオスカーを手にした名女優レイチェル・ ワイズが扮し、主演三人による演技の共鳴が映画をさらに忘れがたいものにしている。

エンタメ