• 国際

「抗議せず分析」と菅官房長官 北朝鮮が地対艦巡航ミサイル発射

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は8日朝、東部元山付近から北東方向の日本海に向けて地対艦巡航ミサイルと推定される数発を発射、約200キロ飛行した。日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられる。菅義偉官房長官は8日の記者会見で、北朝鮮が地対艦ミサイルと推定される数発を日本海に向けて発射したことに関し「日本の安全保障に影響はない」と述べ、北朝鮮に対して抗議しない考えを示した。

ニュース