• 政治

<都議選>都民ファーストの会 連休中も動き活発

7月の東京都議会議員選挙まであと2カ月を切り、それぞれの党はこの大型連休中も精力的な動きを見せました。

4日、東京・北区の赤羽駅前に姿を見せた東京都の小池知事は、自ら「戦闘服」と称する緑色のジャケットに身を包み、公明党の候補予定者の応援演説を行いました。

公明党は議会改革を巡って対立した都議会自民党との協調路線を解消し、小池知事が特別顧問を務める都民ファーストの会と選挙協力を結んでいます。この日、演説で小池知事は「私はこの場に東京都知事として、そして都民ファーストの会の特別顧問として来た。情報公開の条例づくりには公明党が必ず後押しをしてくれる、リードしてくれる」と話しました。小池知事は、知事の人気の高さを背景に、公明党側の要請で、北区や豊島区など関係者が重点選挙区と位置付ける7つの選挙区を、2日間で駆け巡りました。

一方、都民ファーストの会も選挙本番に向けて、これまで以上に知事との関わりを強める考えです。都民ファーストの会の野田代表は「役員会としては小池知事の代表就任をしっかりと期待し依頼していきたい」と話し、連休中に行われた都民ファーストの会の公認候補予定者を集めた研修会では知事自らが特別講義を行い、これまでの議員としての経験を話すなどして候補予定者を激励しました。

中野区から出馬予定の荒木千陽氏は「(小池知事が)衆院議員時代から戦ってきたこと、注意すべきこと、皆さんに訴えるべきことを、実体験に基づいてゆっくり話が聞けた」、千代田区から出馬予定の樋口高顕氏は「身を切りながらしがらみなく改革を進める。(衆院議員時代の)当時の姿勢と変わりがないので私にとっては受け入れやすいものだ」と話しました。

都民ファーストの会は小池知事のカラーを前面に押し出して選挙戦に臨む考えです。

◇ ◇ ◇

連休も終わり、都議選へ向けて各党とも臨戦態勢となってきました。ゴールデンウイークの動きからみえる各党の思惑について、政治学者で国際医療福祉大学教授の川上和久さんに話を聞きました。

ニュース