• 政治

小泉元首相、小池知事を評価も 「都議選は関わらない」

東京都議会議員選挙に向けた動きが加速する中、東京都内で会見を開いた小泉純一郎元総理大臣が、東京都の小池知事が進める改革を評価しました。一方、都議選については関わらない考えを示しています。

小泉元総理は14日、原発ゼロに向けた活動を報告する記者会見を開きました。ここでも話題に上ったのは、自身が総理の時に環境大臣として初入閣させた小池知事についてでした。小泉元総理は「小池さんが知事に当選したから、築地・豊洲の問題が国民によく知られるようになった。今後、小池知事が今までの発信力や改革に対する情熱を持続させ、改革に向かってまい進してほしいと思っている」と述べ、市場の移転問題などを挙げてこれまでの小池知事の改革姿勢を評価しました。

一方、7月の都議選については「関心を持っている」としながらも、原発ゼロの運動があるため「選挙活動には関わらない」として、支援はしない考えを示しました。

ニュース