• 関連動画
  • 社会

指導料と称し、キャバクラ代100万円を部下に払わせた警官

部下にキャバクラの代金計100万円以上を支払わせたり、署内の公用パソコンを壊したとして、沖縄県警は5月18日、宜野湾署の男性巡査部長(33)を停職6か月の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。

巡査部長は2014~16年にかけて、部下に“指導料”の名目でキャバクラ代計約109万円を払わせたほか、後輩7人には「仲間の印」などとし……。

ニュース