• 政治

都議会百条委 浜渦元副知事らの告発求める方針

築地市場の移転問題を調査・検証する東京都議会の百条委員会は、浜渦元副知事ら都の元幹部2人をうその証言をした偽証の疑いで刑事告発することを求めていく方針を固めました。

百条委員会は自民党の桜井委員長が偽証を認めることに反対して辞任するなど混乱し、20日間審議が止まっていました。18日の委員会では偽証の告発を求める公明党の谷村議員が新しい委員長に就くことが決まりました。また、その後の各会派の話し合いでは証人喚問で浜渦武生元副知事と赤星経昭元理事がうその証言をしたと認定し、告発することを求めていく方針を固めました。谷村委員長は「偽証を問わざるを得ない。形については5月24日の意見開陳を踏まえ、5月31日にその虚偽の陳述について認定をする方向でさらに告発の議決も行いたい」と述べました。

偽証となった場合は、禁錮刑や罰金が科せられる可能性があります。委員会の方針を受けて、最終的に告発をするかどうかは6月に開かれる都議会本会議で決まります。

浜渦元副知事は4月に開いた記者会見で、百条委員会の証人喚問の中でうその証言をしたことを否定しています。

ニュース