• 映画

藤井道人監督が描く、喪失と再生の群像劇/映画『光と血』予告編

ハンブルク日本映画祭2017のオープニング作品としてワールドプレミア上映されることが決定!『オー!ファーザー』『7s/セブンス』の藤井道人監督が、自身の原点に戻り、長年撮りたかったテーマを完全自主映画体制で描いた映画『光と血』。​「なぜ私たちは、失わなければならなかったのか—。 」​ 被害者になった者、加害者になった者…大切なものを失った彼らの運命が絡み合い、交差 し始める、喪失と再生の物語。いじめらっれ子を守る心優しき女子高生・光(打越梨子)。3年間の交際を経て、恋人と婚約した青年・陽(世良佑樹)。被災地にボランティアへ通う青年・健太とその姉・マナ(小林夏子)。幸せな日々はいつまでも続くと思われたがある日、人生は一変する。無差別連続殺人事件、何者かによるレイプ、交通事故。予期せぬ悲劇が彼らを襲う。被害者になった者、加害者になった者。大切なものを失った彼らの運命は絡み合い、交差し始める…

エンタメ